バニラコークの投資日記

欧州ソブリンリスク

ポルトガル、スペイン、イタリアの国債入札が無事済んで、欧州のソブリン不安もちょっと一服と言ったところです。

それにしても、日本まで欧州支援に乗り出すとは思いませんでした。まあ、AAAの債券を買う話でしょうから問題は、今のところ、ないとは思いますが。

でもこれ、日本やアメリカ、ドイツの財政が悪化してその辺も不安がられるようになったらどうなるんでしょう。悪性インフレでしょうか。
[PR]
# by vanillacoke | 2011-01-16 13:49 | その他

起債ラッシュ?

海の向こうのアメリカでは大型起債ラッシュなんだとか。

バークシャー・ハサウェイとかGEとか、おおどころがどんどん債券を発行しているらしいです。

今年はなんとなく物価上昇が予想される中でどういう動きなんでしょう。今のうちに、ということでしょうか。しかも投資家の食いつきもいいみたいです。

ヨーロッパでは間もなくポルトガル国債の入札(10年債)があるらしく、こちらは借り入れコストの上昇が持続不可能なレベルになりそうで、ギリシャとアイルランドみたいになる可能性がありそうです。

それでも最近のスペインやポルトガル国債の入札って、応札倍率高いんですよね。

と、最近は金利モノの話に目が行きがちです。
[PR]
# by vanillacoke | 2011-01-10 17:13 | その他

インフレですか?

これって多分インフレですよね。

ポルトガルで砂糖が足りなくなり、インドでたまねぎ、イギリスでは小麦が高騰。
世界中で株も上昇。

ラニーニャとかオーストラリアの洪水とかいろいろあるんでしょうけど、やっぱりドル紙幣をじゃんじゃんするとインフレになるという事ではないでしょうか。
[PR]
# by vanillacoke | 2011-01-06 22:17 | その他

バニラコーク4号(2010/12/31)

米ドル建てのファンド「バニラコーク4号」の去年のリターンは18%とまずまずでした。ダウやS&P500って2010年にどれだけリターンがあったのかは確認していませんが、米ドルでは多分そんなに負けていないと思います。

2011年のこのファンドの運用方針も変わりません。キャッシュが溜まってきたら、株価債券のうち出遅れているほうを買うと思います。

バニラコーク4号(2010/12/31)

タネ・・・・・23,888.31ドル
評価額・・・・28,336.30ドル

設定来リターン(設定 2005/12/13)・・・+16.1%
年初来リターン・・・+18.3%
[PR]
# by vanillacoke | 2011-01-03 21:47 | バニラコーク4号

バニラコーク3号(2010/12/30)

2010年のバニラコーク3号の運用成績は-0.7%、最後の最後にマイナスに転じて終わりました。
日経平均株価も今年はマイナスだったようですし、それほど気にはしていませんが、今年は為替に振られた年でした。

来年も基本的にはこのファンドはこのまま運用を続けます。
いま少し考えているのはコモンズ30を少し減らして、金利リスクを取りに行く事です。

債券ファンドでもいいし、個別債券をちょこちょこ買ってみるとか。

車購入予定資金をSTAMの日本債券ファンドで運用していますが、じわじわ評価益がつみあがる感じはなかなか心地よいです。

バニラコーク3号(2010/12/30)

タネ・・・・・6,738,907円
評価額・・・・6,033,671円
評価損益率・・・-10.5%
年初来リターン・・・-0.7%
[PR]
# by vanillacoke | 2010-12-31 11:18 | バニラコーク3号

バニラコーク3号(2010/12/24)

新聞なんかを見ていると、株は来年に向けて期待できそう、という記事に出会うことが多くなりました。
欧州の財政危機はあるものの、力強い景気回復が期待できるとか何とか。

世界中運でお札を刷ってばら撒いているところなので、ここは債券を控えめにして株に乗っておけと言う事でしょうか。

ポルトガルでしたっけ、砂糖不足で騒ぎが起こったりもしているということなので、コモディティという手もあるかもしれません。

バニラコーク3号(2010/12/24)

タネ・・・・・6,738,907円
評価額・・・・6,079,706円
評価損益率・・・-9.8%
年初来リターン・・・+0.1%
[PR]
# by vanillacoke | 2010-12-26 22:29 | バニラコーク3号

バニラコーク4号(2010/12/23)

FTの「今年のミューチュアルファンドはラテンアメリカものが絶好調」、という記事の中で、日本のファンドがブラジルの債券ファンドで良い成績を上げている事に触れていました。

日興アセットのファンドマネージャーによると、ラテンアメリカの債券は割安な価格で売られている事が多いんだとか。

バニラコーク4号にはコア債券であるアメリカの債券しか組み入れられていませんが、面白いかもしれませんね。ブラジルレアル建ての債権とか、ネット証券でも売っていますしね。

バニラコーク4号(2010/12/23)

タネ・・・・・23,888.31ドル
評価額・・・・27,886.27ドル

設定来リターン(設定 2005/12/13)・・・+14.3%
年初来リターン・・・+16.4%

【資産配分】
株式ETF・・・51.1%
債券ETF・・・48.6%
キャッシュ・・・0.3%
[PR]
# by vanillacoke | 2010-12-23 22:02 | バニラコーク4号

バニラコーク3号(2010/12/17)

ほんの少しですが、今年のリターンがプラスに転じました。
ファンド自体の評価損益率はまだ10%近いマイナスですが、かなり安定してきたようにも見えます。

2011年は多分欧州のソブリンリスクがらみの話題が続くでしょう。
それがアメリカや日本に飛び火して来なければいいのですが。

バニラコーク3号(2010/12/17)

タネ・・・・・6,738,907円
評価額・・・・6,087,538円
評価損益率・・・-9.7%
年初来リターン・・・+0.2%
[PR]
# by vanillacoke | 2010-12-19 22:44 | バニラコーク3号

バニラコーク3号(2010/12/10)

バニラコーク3号(2010/12/10)

フィナンシャルタイムズあたりでは米国債が売られている事が取り上げられたりしていますが、日本の株式投資家の立場では素直にこの価格上昇に浸れています。

先日迷っていると書いたSBI債ですが、迷っているうちに売切れてしまいました。2営業日で完売だったようですね。
SBI証券にとっても、銀行に借りるより安く資金調達できるんでしょうから、お互いにとっていいディールだったのではないでしょうか。

タネ・・・・・6,738,907円
評価額・・・・6,027,863円
評価損益率・・・-10.6%
年初来リターン・・・-0.8%
[PR]
# by vanillacoke | 2010-12-12 22:35 | バニラコーク3号

SBI債申し込み開始

アメリカで金利が結構上昇して、日本も債券が売られました。

401kは非課税だし、日本株から国内債券にいったん資金を移してもいいかな、と思っています。
そんな中、SBI債の申し込みが始まりました。1年債で1.83%、いつもの事ながら魅力的な利回りです。

前にも、1年債だったか6ヶ月債だったか忘れましたが、SBI債を買った事があって、そちらは無事償還になりました。

今回はどうしようかなー・・・うーん・・・やっぱり株や投信と違ってすぐに売ったりしにくいのがネックですね。たとえ1年とはいえ、資金をフィックスされるのに心理的な抵抗があります。
[PR]
# by vanillacoke | 2010-12-09 23:08 | その他


「バニラコーク1号」~「バニラコーク4号」の運用日記です。
リンク
カテゴリ
最新のトラックバック
【あと9名】コンサルなし..
from 無知の知
■勝率88.32%を誇る..
from 無知の知
いきねっとインフォ
from 幸せ生活提供します
IKINET
from ギャンブル大帝レオのレビュー..
システムトレードで儲けた友人
from システムトレード
投資レポート (平成20..
from おおきくゆったりの日々
オイレス工業【6282】..
from ★株式投資でミリオネーゼ★
今日は…
from ★株式投資でミリオネーゼ★
日経ヴェリタスのサンプル
from Gabbiano Inves..
人生再起動FXプロジェク..
from 人生再起動FXプロジェクト2..
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧